尾道市で大手口コミランキングNO1の渡部鍼灸治療院

渡部鍼灸治療院


帯状疱疹について

帯状疱疹が起こる仕組み

帯状疱疹.gif

子供のころに水疱瘡にかかってる方が多数おられます。子供のころにかかったヘルペスウイルスは、神経節といわれる部分にずっと潜伏しており年齢を重ねたり、体力が落ちると再び暴れだし、ウイルスが増殖することで帯状疱疹として発症します。

高齢の方や疲れがたまっている方、免疫力が下がっている方がよく発症します。帯状疱疹を悪化させない為には、発疹を見つけたら早めに皮膚科に受診してください。

発疹が出て早めに抗ウイルス薬を飲むのと、飲まないのとでは後々に大きな差が出ます。重症化してしまうと帯状疱疹後の神経痛が残り、苦労される方が多いです。


症状について

顔、胸、腹、上下肢などの知覚神経の領域の左右のどちらかに、水疱が帯状のように現れます。初めは、皮膚に神経痛のような痛みが起こり、そこにポツポツと発疹が出来てきます。

この痛みは、個人差が大きく広範囲に水泡があってもさほど痛みを感じない人もいたり、水泡が2,3か所しかなくても夜も眠れないくらい痛むという方もおられます。少しでも怪しいと感じたら早めに皮膚科の診察を受けて下さい。


病院での治療法

抗ウイルス薬や、鎮痛剤、ビタミン剤で治療を行います。抗ウイルス薬を使うことでウイルスの増殖を抑え、病気の期間を短縮したり痛みを抑えたりする効果が期待できます。

帯状疱疹がひどくなると、跡や痛みが残ってしまう(後神経痛)のでできるだけ早い時期に治療をすることが大切です。ひどくなると、ブロック注射をしても痛みが引かないこともあります。


 

当院での施術方法

先ず、脈を見てなぜその症状が起きたのかを見ます。帯状疱疹になる方は、免疫力が下がっている方がなるのでなぜ免疫力が下がったのかを把握し、そこに見合ったツボに針をしていきます。

下がった免疫力を戻しつつ、痛みのある部位を施術してあげることにより、自己回復力が高まります。ただ、治療をするだけでなく家での過ごし方のアドバイスもさせていただきます。一緒に2人3脚で頑張りましょう。

渡部鍼灸治療院のご案内

住      所:
〒722-0014
広島県尾道市新浜2丁目8-20
アクセス:
尾道駅から車で5分
尾道クリニックより徒歩3分
お問い合わせ・ご予約
090-5466-5543
営業時間:
【平日】
    8:00~12:00
  14:00~20:00
(最終受付19:00)
【土曜】
    8:00~17:00
(最終受付16:00) 
休業日:
火曜午後、日曜、祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ