尾道市で大手口コミランキングNO1の渡部鍼灸治療院

渡部鍼灸治療院


産後の骨盤矯正について

産後このようなことでお困りではありませんか?

ご出産後2ヵ月以降のお悩みの方におすすめです!!
  • 骨盤のゆがみが気になる
  • 手足のむくみ
  • 腰がつらい
  • 猫背
  • 肩がつらい
  • 疲れやすい
  • 肌荒れ
  • イライラ
  • 無気力
妊婦さんにとって、出産は1つのゴールだと思います。でも、本当は子育てのスタートで、『出産後の子育ての方が大変!!』と言う先輩ママもおられます。中でも、出産時に開いた骨盤が原因で、『疲れやすくなった』、『腰痛・肩こりがひどくなった』などの悩みが多いようです。腰痛や肩こりがひどい・疲れやすい状態で、子育てするのは本当に大変だと思います。

身体を楽にして、子供さんのことだけ考えれるよう精いっぱい施術させていただきます。

そこで、いつからいつまでに骨盤矯正をすればいいのか?どんな方法があるのか?どのような効果があるのか?をまとめてみました。



産後に骨盤がゆがむ原因は?

SANGONOKOTUBAN.jpg
産後に骨盤がゆがむ原因は、出産によって骨盤が大きく開くことです。開いた骨盤は、産後数か月かけてゆっくりと元の状態に戻ろうとしますが、妊娠後の骨盤は不安定なので、左右のバランスが崩れやすくなっています。その為、正常な骨盤の位置に戻りにくくなると言われています。

更に、もともとの癖の横座りや足組み、猫背、あぐらなどがあれば、更に身体をゆがませてしまうことになります。


なぜ骨盤を元に戻した方がいいのか?

骨盤が妊娠前の状態に戻らない状態が続くと、血流が悪くなり、肩こりや腰痛、むくみや冷え、ホルモンバランスの乱れによる産後うつなどに繋がってしまうこともあります。なので、早めの処置が大事になってきます!!


産後の骨盤矯正はいつからいつまで?

産後の女性の靭帯は、とても柔らかくしなやかなので、骨盤矯正には絶好の機会です。基本的には、産後6か月までに骨盤矯正を行うのがいいとされていますが、渡部鍼灸治療院では、遅くても3か月頃から始め、産後6か月までに終わらせる方法をとっています。

産後6か月前後を過ぎると、骨盤のグラグラが少ない状態になり、歪みが強い場合には矯正するのが大変になることもあるからです。できればそうなる前に、骨盤矯正を始めて欲しいからです。



産後の骨盤のゆがみの種類と骨盤矯正の方法ついて


kotubanyugami.jpg

出産を通してゆるんだ骨盤を正しい位置に戻すことを骨盤矯正と呼びます。
骨盤のゆがみの種類としては、上記の種類があります。方法としては、整体、体操、ガードルや骨盤ベルトの使用などがあります。

渡部鍼灸治療院では、ゆがみのタイプを判別し、骨盤ベルトを正しい位置で使用することで骨盤をもとの位置に定着させてい施術を行っています。



どのような効果があるのか?

骨盤が正しい位置に戻ると、身体の筋肉がきちんと使え、歩きやすくなります。そうすると、体全体の血流がよくなり、筋肉がついてくることにより、基礎代謝も上がり消費カロリーが増えやすくなります。また、上記にもあるような疲れやすい、イライラしやすい、歩きにくいなどの症状も減ってきます。


渡部鍼灸治療院での産後の骨盤に対する施術方法とは?



sangokotubanberuto.png

最後により良い毎日を過ごせるように1人1人に合わせた通院回数・食事・運動などの日常生活についてアドバイスさせて頂きます。それに加えて、骨盤ベルトなどをどのように使ったら、よりよくなるかなどの説明もさせていただきます。

渡部鍼灸治療院のご案内

住      所:
〒722-0014
広島県尾道市新浜2丁目8-20
アクセス:
尾道駅から車で5分
尾道クリニックより徒歩3分
お問い合わせ・ご予約
090-5466-5543
営業時間:
【平日】
    8:00~12:00
  14:00~20:00
(最終受付19:00)
【土曜】
    8:00~17:00
(最終受付16:00) 
休業日:
日曜、祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ